トピックス: twitter掲載アーカイブ

twitter掲載

日本共産党京都市会議員団は、12月14日、声明「11市会を終えて」を発表しました。


 日本共産党京都市会議員団は、京都を「住み続けられる町」にするために「『民泊』と京のまちの未来を考えるつどい」を開催します。

  日時:1月27日(土) 13:30~開会

  場所:ルビノ堀川・平安の間 (東堀川通り下長者下ル)

  報告者:こくた恵二・衆議院議員 日本共産党国会対策委員長、
      旅館・ホテル経営者の方
      「民泊」施設ができて困っている町内会の方
      日本共産党京都市会議員団など
  主催:日本共産党京都府委員会、京都府会議員団、京都市会議員団

 また、市民の暮らしと旅行者の安全を守るために、「『民泊』について 日本共産党は提案します」を発行します。
 2018年6月からの「民泊新法(住宅宿泊事業法)」の施行を前に、市民生活への重大な影響が懸念されています。このビラでは、日本共産党京都市会議員団の提案の要旨が掲載されています。ぜひお読みください。

くわしくは、こちらをクリックしてください。→ 「民泊」について 日本共産党は提案します

HP画像 表紙.pngのサムネール画像


yamane_8080.jpgのサムネール画像isaka8333.jpghirai2.jpg
 12月8日に行われた11月市会・終了本会議で、日本共産党市会議員団を代表して行なった3名の議員の討論(全文)を「市会報告」のページに掲載しています。ぜひ、ご覧ください。


討論に立った議員・・・やまね議員(補正予算)、
           井坂議員(焼却灰溶融施設)、
           平井議員(「パリ協定」に関する意見書)




北山代表質問.jpgのサムネール画像のサムネール画像ひぐち代表質問.jpgのサムネール画像のサムネール画像
 11月29日の市会本会議で行われた、北山ただお議員、ひぐち英明議員の代表質問の「録画」が市会ホームページからご覧になれます。


※下記のページを2回開き直してください。


(京都市会ホームページ➜インターネット議会中継➜本会議 中継を見る➜平成29年11月29日 本会議(代表質問など)➜録画番号➜WindowsMediaPlayerで直接開く)

 日本共産党京都市会議員団は、9月市会の特徴を報告する「9月・決算市会報告」ビラを発行しました。問題が山積している不公平な「宿泊税条例」が解決されないまま可決された問題などを報告しています。
くわしくは、PDFデータをご覧ください。→ 2017年9月決算市会報告ビラ_両面.pdf


9月市会報告 表.png
9月市会報告 裏.png










北山代表質問.jpgのサムネール画像ひぐち代表質問.jpgのサムネール画像

 11月29日の市会本会議で、北山ただお議員、ひぐち英明議員が日本共産党議員団を代表して行った代表質問と答弁大要を「市会報告」に掲載しています。ぜひご覧ください。



市政を動かす428.png
 日本共産党市会議員団は、9月市会特集「市政を動かす。」を発行しました。
 「本会議代表質問」「市会トピックス」「決算特別委員会・市長総括質疑」「終了本会議討論」「各議員から一言」などを掲載し、日本共産党京都市会議員団の9月市会での論戦と奮闘を紹介しています。


要求書提出HP.jpg
 11月29日、日本共産党市会議員団は、「2018年度京都市予算編成に対する要求書」を門川市長に提出しました。

 この申し入れには、山中渡団長、井坂博文幹事長をはじめとして、18人の市会議員全員が参加し、藤原総合企画局長らが応対しました。また、岡田副市長と懇談しました。



DSC04983HPひぐち.jpgDSC04988HP.jpgDSC04994HP.jpg







 京都自治体要求連絡会は、11月29日、市役所東門で早朝宣伝を行い、京都総評、京都市教職員組合、新日本婦人の会、京都市職員労働組合の代表が、登庁する市職員らに市民の要求の実現を訴えました。

 日本共産党京都市会議員団からも多数の市会議員が宣伝に参加。本日の本会議で代表質問に立つ、ひぐち英明議員がマイクを握り、「市民の暮らし・いのちを守る京都市政へ転換しましょう」などを訴え、市民の切実な要求の実現に全力をあげる決意を表明しました。

 本日、代表質問に立つのは、北山ただお議員(11:30頃から)とひぐち英明議員(1:20頃から)です。ぜひ傍聴にお越しください。(京都市会ホームページでは、インターネット議会中継で傍聴できます。)


DSC04893 HP.jpgDSC04891 HP.jpgDSC04895 HP.jpgDSC04900 HP.jpgDSC04926 HP.jpg
DSC04929 HP.jpg












 

 11月21日、日本共産党京都市会議員団は、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」から呼びかけられている全国3000万人を目標とした「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」の宣伝と署名集めを三条河原町で行いました。

 日本共産党京都市会議員団が勢ぞろいし、ご通行中の方々へ、安倍政権のもとで、9条3項に自衛隊が書きこまれることの危険性を訴えました。

 「安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都」では、京都府内で60万人の署名を集めようと呼びかけられています。ぜび、ご協力ください。


「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の署名用紙は下記をクリックしてください。
3000万人署名.png


月別アーカイブ

ページの先頭へ