トピックス: twitter掲載アーカイブ

twitter掲載

 2月23日、京都市会本会議で、「京都市宿泊事業」に関する条例一部修正と「京都市旅館業法」に関する条例が審議され、自民、公明、民進、日本維新の会、京都党、無所属3人の賛成によって可決されました。日本共産党京都市会議員団は、継続審査求め、修正案を提出しましたが、共産党以外の会派と無所属議員の反対で否決されました。
 今回の条例可決にあたって、「団長コメント」を発表しました。


 2月23日、自民、公明、民進、維新、京都党及び無所属の議員の賛成によって、いわゆる「民泊条例」と「旅館業条例改正案」が可決されました。
 日本共産党京都市会議員団は、継続審査を求める動議、党の修正案の提案説明及び討論を行い、団長コメントを出しました。
 その内容を市政報告としてまとめましたので、ご覧ください。

  
 修正案の提案説明(井上けんじ議員)はこちらです。→ http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2018/02/post-341.html

 討論(やまね智史議員)はこちらです。→http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2018/02/post-342.html

 
 京都市が提案した条例案は、こちらから
 
民泊  http://www2.city.kyoto.lg.jp/shikai/img/honkaigi/gian/H30-2/H29/H29-169.pdf
 
付帯決議  http://www2.city.kyoto.lg.jp/shikai/img/honkaigi/gian/H30-2/H29/hutaiketsugi300223.pdf
 
旅館業条例改正案  http://www2.city.kyoto.lg.jp/shikai/img/honkaigi/gian/H30-2/H29/H29-170.pdf

DSC05576 山田.jpgDSC05569 議員1.jpgDSC05580 議員2.jpg








 2月22日、京都自治体要求連絡会が、京都市役所東門で早朝宣伝を実施されました。市民の要求の実現について、京都総評、京都社保協、京都民医連、京都市職労の代表が、登庁する市職員らに語りかけました。

 日本共産党京都市会議員団からも多数の市会議員が宣伝に参加。本日の本会議で代表質問に立つ、山田こうじ議員がマイクを握り、「憲法をいかし、いのちと暮らし守る京都市政をともにつくりましょう」などを訴え、市民の切実な要求の実現に全力をあげる決意を表明しました。


 本日、代表質問に立つのは、山中渡議員(14:00頃から)と西村善美議員(15:10頃から)、山田こうじ議員(15:55頃から)です。ぜひ傍聴にお越しください。(京都市会ホームページでは、インターネット議会中継で傍聴できます。→中継はこちらです。

 2月16日、京都市会に2018年度京都市予算案と関連議案が示されました。これについて、日本共産党京都市会議員団は、山中渡団長の「団長見解」を発表しました。


 2月16日(金)から開始されている2月市会の代表質問の傍聴のご案内です。
 
 2月22日(木)に山中渡議員、西村善美議員、山田こうじ議員が市長に対して質問いたします。
 ぜひ、市会へ傍聴にお越しください。

 また、京都市会ホームページでは、「インターネット議会中継」のページで傍聴することができます。

 ビラを印刷する場合は、下記のアドレスをクリックしてください。

2018年2月市会代表質問・傍聴ビラ.png

スナップショット 1 (2018-02-17 19-46).png 2月16日、京都市会本会議で「京都市民泊条例(案)」が提案されました。同日、市会で集中審議され、同23日の本会議で採決が予定されています。
 日本共産党京都市会議員団は、市民のいのち・くらしを守るためのルールの確立を求め、審議にのぞみました。

 2月16日の審議直後、党議員団は、緊急に報告会を開き、市会での集中審議の内容と答弁、党市会議員団の提案等を報告しました。その録画をぜひごらんください。


 日本共産党京都市会議員団は、2月16日に開始される2月市会に向けて、2018年度予算案の特徴などについて、議員団から報告し、市民のみなさんからのご意見をお聞きするため、下記の懇談会を計画しました。お忙しい中とは存じますが、多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

日時 2月23日(金)午後7時から
場所 市職員会館かもがわ(中京区河原町通竹屋町東入ル)

◆2018年度予算案の特徴と予算市会にあたっての党議員団の報告
◆懇談・意見交流
◆その他
市職員会館かもがわ地図.png


 日本共産党京都市会議員団の「2018年度京都市予算編成に対する要求書」に対する京都市の「回答書」が届きました。「市政資料2018」とともに、「宣伝物・PDF資料」のページに掲載していますので、ご覧ください。


2・16緊急集会 HP.pngのサムネール画像
 2月市会に「京都市民泊条例(案)」が提案されます。「民泊」激増による、市民生活への影響が問題になっています。
 2月16日に市会で集中審議し、同23日の本会議で採決が予定されています。
 国の「住宅宿泊事業法」の施行が6月15日、事前受付開始が3月15日と迫る中での審議となります。
 日本共産党議員団は、市民を守るためのルールの確立を求め、審議にのぞみます。

 そこで、日本共産党京都市会議員団は、緊急に報告会を開き、市会での集中審議の内容と結果、党市会議員団の提案等を報告します。ぜひご参加ください。


DSC05489 HPHP.jpg 8日、敬老乗車証制度の改悪を検討している京都市に対し、「敬老乗車証守ろう!連絡会」が京都市役所前で集会を行い、改悪反対を求める署名が提出されました。
 日本共産党京都市会議員団は、集会に参加し、議員団を代表して北山ただお議員がマイクをにぎり、議会の報告と応援のメッセージを述べました。
 提出された署名は、2110人分で、12回目の提出となり、合計で3万7176人分に積み上がっています。
 署名提出の際に、来年度の制度の見通しを問われた市保健福祉局の担当者は、「検討段階であり、議会に新たに提案できるものはない」とこたえ、事実上、来年度は改悪しないことを表明しました。


月別アーカイブ

ページの先頭へ