【申し入れ】市民のいのちと暮らしを守る緊急申し入れ - トピックス

TOPICS ICON【申し入れ】市民のいのちと暮らしを守る緊急申し入れ

 日本共産党京都市会議員団は、次の通り、「市民のいのちと暮らしを守る緊急申し入れ」を行いました。


==========


京都市長 門川大作 様

 

市民のいのちと暮らしを守る緊急申し入れ

 

      2020年8月28日

              日本共産党京都市会議員団

                        団長 井坂 博文

                  

 

新型コロナウイルス感染が市中感染の様相を呈するなど、市民生活や経済に大きな影響を与えています。とりわけ不安定な収入状況に置かれている市民からは「仕事が減った。回復の見込みが立たない」等の不安が寄せられており、税(保険料)の減免、猶予の制度など市民負担を軽減する制度の周知と期間の延長が求められます。とりわけ、「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた世帯に対する京都市国民健康保険料の特例減免制度」について、8月末をもって、年度当初から申請時までの遡及措置ができなくなり、この延長が切実に求められています。

加えて連日の酷暑のもと、生活保護受給世帯等においてエアコンが未設置または未使用な状態にあることの早急な改善を求める意見や要望が多く寄せられています。危険な暑さから生命を守るために、エアコンの設置と使用は必須であることから、生活保護受給世帯等でのエアコン設置、修繕等を急ぐ必要があります。

よって、下記について緊急に対応されるよう求めます。

     

 

一、        現行の「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた世帯に対する京都市国民健康保険料の特例減免制度」について、年度当初から申請時までの遡及措置を来年3月末までに延期し、制度を周知徹底すること。

 

一、        すべての生活保護受給世帯に一時扶助でエアコン設置・修繕を行うこと。夏季見舞金を復活し支給すること。

 

一、        生活保護受給世帯に準じる世帯へのエアコン設置の支援を行うこと。           

以上


DSC05698.JPG

月別アーカイブ

ページの先頭へ