5月市会 井坂博文議員、とがし豊議員の代表質問と答弁の大要 - トピックス

TOPICS ICON5月市会 井坂博文議員、とがし豊議員の代表質問と答弁の大要

DSC03083HP.jpg
DSC03154HP.jpg
 5月27日、 #井坂博文 議員、 #とがし豊 議員が、京都市会本会議で、議員団を代表して行った「質問と答弁の大要」を同ホームページ「市会報告」に掲載しています。

井坂博文議員の「質問と答弁の本文(大要)」は、こちらをクリックしてください。20190527井坂議員 代表質問全文と答弁要旨HP.pdf

【井坂博文議員 質問項目】

1、市長は憲法の遵守を。自衛隊への宛名シールは未発送分(18歳の個人情報)の返還を求めよ
2、京都経済を冷え込ませる消費税10%増税は中止をの声をあげよ
3、自治体の基本である公共性、地方自治本来の福祉の増進を
◆国民健康保険料の引き下げを
◆130人もの介護保険嘱託職員の雇止め問題は市の責任放棄
4、核兵器廃絶の実現へ。「被ばく安全神話」を広げるな
◆核兵器禁止条約の批准を国に強く求めよ
◆「被ばく安全神話」を助長する「放射線副読本」は回収すべき

とがし豊議員の「質問と答弁の本文(大要)」は、こちらをクリックしてください。20190527とがし議員 代表質問全文と答弁要旨HP.pdf

【とがし豊議員 質問項目】

1、住んでよし、訪れてよしのまちづくりを
(1)「オーバーツーリズム」、いわゆる「観光公害」の解決を
(2)京都の街並み壊しを許さず、景観を守れ
(3)学校跡地はホテル建設ではなく、住民の意思を尊重した活用を
(4)京都大学の「立て看板」の規制について
2、子どもたちを格差と貧困から守れ
(1)中学校卒業まで医療費の無料化、全員制の温かい中学校給食の実現を
(2)35人以下の少人数学級の実現で、ひとり一人に行き届いた教育を
(3)不登校問題児童・生徒へのきめ細やかな支援を
3、京都市独自の給付制奨学金制度の創設を

■井坂議員が使用したパネル

20190527自衛隊の仕事一覧 パネル.pdf

20190527井坂議員パネル.png

















■とがし議員が使用したパネル

20190527宿泊室数グラフパネル.png

20190527景観シミュレーション パネル.png




月別アーカイブ

ページの先頭へ