議長・副議長・監査委員・関西広域連合議会議員の選出にあたって、「声明」を発表 - トピックス

TOPICS ICON議長・副議長・監査委員・関西広域連合議会議員の選出にあたって、「声明」を発表

 4月26日、議長・副議長・監査委員・関西広域連合議会議員の選出にあたって、【声明】を発表しました。本文は、以下の通りです。

【声明】

議長・副議長・監査委員・関西広域連合議会議員の選出にあたって

 
 2019年4月26日
 日本共産党京都市会議員団
  団長 井坂博文

 今回の統一地方選挙において、日本共産党市会議員団は18名の現有議席を獲得し、引き続き市会第二党を維持するとともに議会招集権を確保することができました。ご支援・ご協力をいただきました市民のみなさんに心より感謝申し上げます。選挙中に掲げた公約の実現に向けて全力を尽くす決意です。

 5月市会において、議長・副議長・議会選出監査委員(2人)・関西広域連合議会議員(2人)が選出される予定となっています。何れの役職においても、選挙で示された民意をふまえて選出するのが、主権者市民の代表たる京都市会の在り方として当然です。
 市会の構成において、議長・副議長の選出が議会運営の中軸となる重要な内容であることは言うまでもなく、衆参両院でも第一党から議長、第二党から副議長が選出されています。過去36年にわたって、市会第二党である日本共産党を排除する形で副議長の選出が行われてきた本市会の状況は極めて重大です。また、2人の定数である監査委員についても日本共産党が排除されています。関西広域連合議会議員については現在、自民党、日本共産党の各会派から選出されています。選挙結果を最大限反映させることを選出の基本とすべきです。

 日本共産党議員団は今回の選出にあたり、西野さち子議員を副議長候補として、井上けんじ議員を議会選出監査委員候補として、くらた共子議員を関西広域連合議会議員として推薦します。


月別アーカイブ

ページの先頭へ