長年の運動実る!就学援助・入学準備金の前倒し支給を市が9月市会で提案 - トピックス

TOPICS ICON長年の運動実る!就学援助・入学準備金の前倒し支給を市が9月市会で提案

 本日(23日)開かれた市会教育福祉委員会で、京都市教育委員会は、就学援助の入学準備金の前倒し支給を9月市会で提案することを明らかにしました。
 これまで長年にわたり運動が取り組まれ、市民の切実な要求を背景に日本共産党議員が繰り返し議会で求めてきたものです。
 新入学児童生徒学用品費(入学準備金)は、今年度から額が大幅に引き上げられ、要保護児童生徒の年度内支給について国が可能としたことが背景にあります。京都市教育委員会は、これまで「研究する」と言うものの、様々な課題をあげて先延ばししてきました。子どもの貧困対策が大きな課題となり、入学準備に間に合うように支給の前倒しを求める声が大きくなる中で実現したものです。
 新たに必要となる1億円を9月市会に補正予算として上程し、可決されれば年度内に支給できるよう保護者への周知も含めて取り組んでいくとのことです。
 支給の時期や周知の方法など具体的な内容について、実態にそって今後要望し、より使いやすいものとなるようにしていくことが必要です。

月別アーカイブ

ページの先頭へ