「違法民泊」の調査・指導と担当部署の体制強化を求める申し入れ - トピックス

TOPICS ICON「違法民泊」の調査・指導と担当部署の体制強化を求める申し入れ

DSC03771-2.jpg
 5月17日、日本共産党京都市会議員団が実施した、東山区・六原学区の民泊実態調査結果をもとに、21日、市長に対し、東山区の事例を踏まえた「違法民泊」に対する調査と指導、担当部署の体制強化を求める申し入れを行いました。
 同調査結果は、わずか1日の調査で、許可を受けずに宿泊業を実施している「違法民泊」を11ヶ所で確認したほか、簡易宿所の許可を得ているものの、玄関帳場で従業員が受付をせずに番号キーなどで出入りをさせるなど、条例違反の状態で営業をしている疑いのある施設が多数確認されました。
 
 この申し入れに日本共産党市議団から、くらた共子・民泊プロジェクト責任者をはじめ、議員10人が参加し、保健福祉局長が応対しました。

「申し入れ」の全文は、こちらです。

月別アーカイブ

ページの先頭へ