いのちと暮らし、雇用と営業守る 17春の府市民総行動 - トピックス

TOPICS ICONいのちと暮らし、雇用と営業守る 17春の府市民総行動

 12日、京都市役所前で、「守れ!いのちと暮らし、雇用と営業を」の声を直接、京都市や京都府に届ける「17春の府市民総行動」が行われました。
 早朝宣伝では、「共謀罪は廃案に」の訴えや京都市に対して医療衛生センターの集約化問題」や「公立保育所の民間移管問題」、「敬老乗車証の値上げ問題」などが訴えられました。
 日本共産党京都市会議員団からは、井坂博文議員がマイクをにぎり、「共謀罪の成立強行許すな」の声が全国から出されている問題など、安倍政権を批判。市民のいのち、暮らしよりも、自治体財政の再建や企業の儲けを優先する「市政・府政の転換を」と訴えました。そのあと、京都市・京都府に対して、個人・団体からの請願行動が行われました。


月別アーカイブ

ページの先頭へ