市美術館モニュメント切断工事の中断にあたって[見解]を発表 - トピックス

TOPICS ICON市美術館モニュメント切断工事の中断にあたって[見解]を発表

DSC03559  .jpg
 京都市美術館南西角のモニュメント「空にかける階段'88-Ⅱ」について、5月24日の京都市会文化環境委員会で、切断撤去をやめ、保存を求める陳情(陳情者:京都彫刻家協会)の審査が行われ、各議員から異論が続出する中で、京都市は切断工事を中断し、「もう少し立ち止まって考えていきたい」と表明しました。
 これについて、日本共産党京都市会議員団は本日、市美術館モニュメント切断工事の中断にあたって、「移設ありき、切断ありき」の方針を撤回し、専門家の意見や提案を幅広く聞き、保存するよう強く求めるとの「見解」を発表しました。

 写真は、委員会審査を前に現地を調査する井坂博文議員、くらた共子議員、ほり信子議員、河合ようこ議員。


月別アーカイブ

ページの先頭へ