トピックス: 2017年3月アーカイブ

2017年3月アーカイブ

新しい委員会の所属が決まりましたので、お知らせします。 
                                                        (◎委員長 〇副委員長)

常任委員会
 総務消防   ◎ 赤阪 仁   加藤 あい ひぐち英明 山田こうじ
 文化環境   〇 くらた共子 井坂 博文   河合ようこ  ほり 信子
 教育福祉   〇西村よしみ 玉本なるみ  井上けんじ 山本 陽子
 まちづくり   西野さち子 森田ゆみ子   やまね智史
 産業交通水道 〇北山ただお 平井 良人 山中 渡

予・決算特別委員会
 〇ほり 信子(第1分科会副主査)
 〇くらた共子(第3分科会主査)

市会運営委員会
 〇加藤 あい(理事) 井坂 博文(理事) 玉本なるみ 西村よしみ 平井良人

市会改革推進委員会
 〇井坂 博文 加藤 あい 西村よしみ やまね智史


 3月24日の2月市会終了本会議で、日本共産党市会議員団を代表して行った10人の議員の討論・動議の録画が、市議会ホームページでご覧になれます。


ほり信子議員、河合ようこ議員、平井良人議員の動画は、「録画番号」①です。

西村よしみ議員、くらた共子議員、井上けんじ議員の動画は、「録画番号」③です。

西野さち子議員、やまね智文議員、山田こうじ議員、玉本なるみ議員の動画は、「録画番号」④です。

日本共産党京都市会議員団は、3月27日、声明「2月市会を終えて」を発表しました。


3月24日に終了した2月市会での議案・審議結果、付帯決議、可決された意見書、採択された請願は、市議会ホームページで紹介されています。ぜひ、ご覧ください。





20170324155317(2).jpg
 2月予算市会は本日、市長提案の議案などを原案どおり可決して終了し、2016年度定例会は閉会しました。

 日本共産党京都市会議員団は、閉会本会議終了後、三条河原町で、「共謀罪」法案撤回を求める街頭宣伝と署名活動に取り組み、多数の市会議員が参加しました。


 3月24日の2月市会・終了本会議で、日本共産党市会議員団を代表して行なった10人の議員の討論・動議(全文)を「市会報告」のページに掲載しています。ぜひ、ご覧ください。


 3月14日、15日に行われた予算特別委員会(市長総括質疑)での質疑の内容が、市議会ホームページから録画でご覧になれます。

 3月14日には、党議員団から、井坂議員、玉本議員、西野議員、河合議員、井上議員の5人が質疑に立ちました。

 3月15日には、党議員団から、山田議員、やまね議員、平井議員、北山議員、山中議員の5人が質疑に立ちました。


20170319165352(1).jpg 3月19日午後、京都市役所前で、憲法共同センターの呼びかけによる「戦争法廃止 3・19京都行動」が取り組まれ、600人の市民らが参加しました。市役所前の街頭演説では、高山佳奈子・京都大教授、渡辺輝人・弁護士らが、「共謀罪」の危険性や「森友学園」問題について訴え、街頭演説の後、「憲法違反の戦争法は廃止」「共謀罪を許すな」などと訴えながら、四条河原町までデモ行進しました。

 この街頭演説とデモ行進に、日本共産党市会議員団から、多数の市会議員が参加しました。また、こくた恵二・日本共産党国対委員長も街頭演説に参加し、紹介されました。


 3月2日から9日まで行われてきた予算特別委員会・局別質疑をうけて、明日から2日間、市長・副市長への総括質疑が行われます。

 日本共産党市会議員団から次の10議員が質疑に立ちます。この様子は、本会議場での傍聴とともに、市議会ホームページからインターネットで視聴できます。午前10時からです。ぜひ、ご覧ください。

3月14日(火) 井坂議員、玉本議員、西野議員、河合議員、井上議員
3月15日(水) 山田議員、やまね議員、平井議員、北山議員、山中議員

20170311145255(1).jpg
 3月11日午後、円山音楽堂で「バイバイ原発3・11きょうと」が行われ、2500人が参加。集会のあと、京都市役所前までデモ行進しました。この集会とデモ行進に、日本共産党市会議員団からも多数の議員が参加しました。

  集会では主催者あいさつのあと、弁護士・鹿島啓一さんの講演、避難者である福島敦子さん(親子)からの訴え、飯舘村酪農家の長谷川健一さんの講演が行われ、初の試みとして「3・11追悼と祈りの時間」がとられました。




2月市会報告「新聞広告」.jpg
 日本共産党京都市会議員団は、「市民の命・くらし第一の市政を」とよびかける「新聞広告」(全15段・全面広告)を作成し、本日の「京都新聞」(市民版)に掲載しました。引き続き、明日の「朝日新聞」(市民版)にも掲載の予定です。

 この「新聞広告」では、2017年度京都市予算案の問題点として、京都市美術館の命名権売却や違法「民泊」問題などを取り上げるとともに、「住民合意のないゴリ押し」や「ムダづかい・大型事業」の具体例を示し、「子どもの貧困」対策をはじめ、力をあわせ「市民の願い」を実現させようと呼びかけています。


住民のための「民泊」対応ハンドブック表紙.jpg
 日本共産党京都市会議員団は、「住民のための『民泊』対応ハンドブック」(A4・8ページ)を作成しました。

 この「民泊」対応ハンドブックは、市内各地で「民泊」が激増する中で、「どう対処すれば良いのか」「迷惑行為をやめさせたい」などの市民のみなさんのご心配が少しでも改善されることを願って作成したものです。



敬老乗車証ビラ.jpg
 日本共産党京都市会議員団は、「敬老乗車証」問題の新聞折り込みビラを作成しました。明日の一般新聞各紙の朝刊に折り込む予定です。ぜひ、ご覧ください。

 このビラでは、昨年秋に取り組み、1070人の回答が寄せられた敬老乗車証「家計簿」調査の結果を分かりやすく紹介するとともに、「今年も守った」「敬老乗車証は変わりません」との見出しで、9回に及ぶ署名提出などの粘り強い市民の運動と、議会での日本共産党議員団の論戦が、敬老乗車証制度改悪の動きにストップをかけていることを強調しています。


2月28日の市会本会議で井坂博文議員、くらた共子議員、山本陽子議員が行った代表質問の録画が市議会ホームページからご覧になれます。


2月28日の市会本会議で、井坂博文議員、くらた共子議員、山本陽子議員が日本共産党議員団を代表して行った代表質問と答弁大要を「市会報告」に掲載しています。ぜひご覧ください。



月別アーカイブ

ページの先頭へ