トピックス: 2016年10月アーカイブ

2016年10月アーカイブ

DSC02424.JPG 日本共産党京都市会議員団は、本日、京都市が発表した「宿泊施設拡充・誘致方針」について「見解」を発表し、京都市に申し入れを行いました。申し入れには、山中団長、くらた議員、山田議員、平井議員、西村議員、河合議員が参加し、京都市の横井観光MICE推進室長らが応対しました。

 「見解」では、京都市の「宿泊施設拡充・誘致方針」は、根拠のない観光客の過大な見通しを前提にして、住居専用地域等への「特例許可」を拡大し、都市計画の規制緩和でホテル誘致を進めようとするものであると指摘。規制を緩和してホテル誘致を進めることをやめて、既存の旅館を支援することなどを求めています。







日本共産党京都市会議員団は、10月28日、声明「9月市会を終えて」を発表しました。


10月26日に終了した9月市会での議案・審議結果、可決された意見書・決議は、市議会ホームページで紹介されています。ぜひ、ご覧ください。



 10月26日の9月市会・終了本会議で、日本共産党を代表して行なった9人の議員の提案説明・討論を「市会報告」のページに掲載しています。ぜひ、ご覧ください。



 10月17日、18日に行われた決算特別委員会(市長総括質疑)での質疑の内容が、市議会ホームページから録画でご覧になれます。

 10月17日には、党議員団から、ひぐち議員、河合議員、玉本議員、山田議員、井坂議員の5人が質疑に立ちました。

 10月18日には、党議員団から、やまね議員、井上議員、ほり議員、加藤議員、山中議員の5人が質疑に立ちました。


20161019185450(1).jpg
 10月19日夜、京都市役所前で「戦争法廃止!19日行動」が行われ、450人が参加しました。

 市役所前の街頭演説では、「憲法違反の戦争法は廃止を」「南スーダンからの自衛隊の撤退を」「農業を破壊するTPPを許すな」「沖縄のたたかいとの連帯を」などのスピーチが行われ、街頭演説の終了後、四条河原町までのデモ行進で市民にアピールしました。


 京都市が、京都市美術館におけるネーミングライツ(命名権)を京セラに「決定」した問題について、日本共産党市会議員団は、10月19日、今回のネーミングライツ(命名権)「決定」の撤回を求める「見解」を発表しました。


 

 決算特別委員会の局別質疑をうけて、10月17日、18日に市長総括質疑が行われます。この模様は、本会議場での傍聴とともに、市議会ホームページからインターネット中継されます。ぜひ、ご覧ください。時間は、いずれも午前10時からです。

 日本共産党市会議員団から、次の10人が市長総括質疑に立ち、2015年度決算の問題点や市長の政治姿勢をただすととともに、切実な市民要求の実現を迫ります。

10月17日(月) 
 ひぐち英明議員、河合ようこ議員、玉本なるみ議員、山田こうじ議員、井坂博文議員

10月18日(火) 
 やまね智史議員、井上けんじ議員、ほり信子議員、加藤あい議員、山中渡議員


20161010145924(1).jpg

 京都・まちづくり市民会議は、10月10日午後、世界遺産の景観や環境を損なう開発工事が行われている下鴨神社や二条城などで「世界遺産・景観ウォッチング」をおこない、40人近くの市民が参加しました。

 この取り組みに日本共産党市会議員団からも、くらた共子議員、赤阪仁議員、森田ゆみ子議員が参加。①下鴨神社のマンション建設工事現場、②同大型倉庫の建設予定地、③三菱地所レジデンスのマンション建設工事現場、④二条城北西角の駐車場建設予定地を、市民とともに回りました。

「世界遺産・景観ウォッチング」の様子を「動画」でご覧ください。



9月29日の市会本会議で北山ただお議員、玉本なるみ議員、山田こうじ議員が行った代表質問の録画が市議会ホームページからご覧になれます。



月別アーカイブ

ページの先頭へ