「世界遺産を守るための国際緊急署名スタート集会」に約90人が参加 - トピックス

TOPICS ICON「世界遺産を守るための国際緊急署名スタート集会」に約90人が参加

20160903182407(1).jpg

 9月3日夜、ハートピア京都で、「世界遺産を守るための国際緊急署名スタート集会」が開催され、約90人の市民が参加。市会議員団からも、くらた共子議員、加藤あい議員、赤阪仁議員らが参加しました。

 この集会は、下鴨神社のマンション・大型倉庫建設や二条城北西部の観光バス駐車場計画に反対している三つの住民団体が共催して開いたもの。最初に、中島晃弁護士が、下鴨神社・大型倉庫建設の工事とりやめ届けが出されるなどの動きにもふれ、「国際緊急署名」の取り組みを強めようと呼びかけました。これをうけて、参加者から各団体の取り組みが報告されるとともに、「国際緊急署名」の提起などについて質疑応答が行われました。

「国際緊急署名スタート集会」での中島晃弁護士の特別報告を「動画」でご覧ください。


月別アーカイブ

ページの先頭へ