「介護を考え、語り合うつどい」に80人が参加 - トピックス

TOPICS ICON「介護を考え、語り合うつどい」に80人が参加

20160403132951(2).jpg 日本共産党京都府委員会は、4月3日午後、京都アスニーで、「大河原としたかとともに、介護を考え、語り合うつどい」を開き、80人が参加しました。つどいでは、大河原としたか・参院京都選挙区予定候補が、「介護問題の打開をめざす私の提案(仮称)」について報告。その後、介護現場の関係者からの報告や会場参加者との質疑応答が行われました。

 日本共産党市会議員団からも多くの市会議員が参加。玉本なるみ議員が、質疑応答の最後に発言し、京都市の介護保険行政について現状を報告しました。


月別アーカイブ

ページの先頭へ