トピックス: 2014年12月アーカイブ

2014年12月アーカイブ

 12月26日夕方、関電京都支店前で今年最後のキンカン行動が行われ多数の市民が参加。地元の下京原発ネットのみなさんから、年末恒例の「ぜんざい」のふるまいもあり、大いに盛り上がりました。

 日本共産党京都市会議員団からは、山中渡団長、井坂博文幹事長、玉本なるみ議員、河合ようこ議員が参加しました。新年のキンカン行動は、1月2日午後5時から行われます。ぜひ、ご参加ください。


日本共産党京都市会議員団は12月26日、声明「12月特別市会を終えて」を発表しました。


 12月22日の終了本会議で、日本共産党市会議員団を代表して行った4人の議員の討論の録画は、こちらの市議会ホームページでご覧になれます。


 西野議員の議案に対する討論は「録画番号1」、岩橋議員の議案に対する討論、玉本議員・くらた議員の意見書に対する討論は「録画番号2」をご覧ください。


12月22日に終了した11月市会での議案・審議結果、可決された意見書、採択された請願は、市議会ホームページで紹介されています。




日本共産党京都市会議員団は12月22日、声明「11月市会を終えて」を発表しました。


 日本共産党京都市会議員団は22日、政務活動費の公開拡大について、中村三之助市会議長に対して申し入れを行いました。


 日本共産党の倉林明子参議院議員は、12月20日夕方、三条京阪とJR京都駅前で山中渡市議団長、成宮まり子府会議員とともに、街頭演説を行いました。


 地下鉄烏丸線御池駅に「可動式ホーム柵」が設置され、20日の始発から運用が開始されました。これは、日本共産党京都市会議員団が関係者からの要望をふまえて、長年にわたり要求してきたもので、ようやく実現に至りました。引き続き、四条駅・京都駅にも設置されます。


 12月19日夕方、総選挙後初の関電京都支店前でのキンカン行動が行われ、日本共産党京都市会議員団から山中渡団長、井坂博文幹事長、加藤あい議員が参加しました。キンカン行動は年末(12月26日)、年始(1月2日)も行われます。


 日本共産党京都府委員会は、12月15日夜、ラボール京都で「総選挙結果についての報告集会」を開催しました。集会では、渡辺和俊京都府委員長が総選挙の結果について報告を行ったあと、1~6区の小選挙区候補が、選挙戦を戦っての感想と決意を表明。3ヵ月後に迫った統一地方選挙での躍進をかちとる決意を固めあいました。


 日本共産党京都府委員会は、12月15日、午前8時より四条大橋において、総選挙の結果についての街頭演説を開催。こくた恵二・衆議院議員、倉林明子・参議院議員、渡辺和俊・京都府委員長が総選挙結果を報告しました。


10850112_302654576598946_579694213623784145_n.jpg
 昨日開催された「京都市交通バリアフリー推進会議」で、JR西日本が、懸案となっていたJR西大路駅のバリアフリー化について、来年度からエレベーター設置に向けた準備を進める方針を明らかにしました。来年度には、「バリアフリー構想」をまとめるための連絡会議も立ちあげられます。

 これは、地元南区の井上けんじ市会議員やこくた恵二前衆議院議員らが住民や利用者とともに繰り返しJR西日本に要望してきたものです。これまで、JR西日本は様々な理由をあげて、エレベーターの新設などの改修は「困難」としてきましたが、長年の住民の悲願であるバリアフリー化が、やっと動き出すことになります。

11月28日の市会本会議で、日本共産党市会議員団を代表して行った北山ただお議員、加藤あい議員の代表質問の「録画」が、市議会ホームページからご覧になれます。


月別アーカイブ

ページの先頭へ