市会議員の定数削減を与党会派・議員が強行 - トピックス

TOPICS ICON市会議員の定数削減を与党会派・議員が強行

 3月17日の閉会本会議では、京都市会議員の定数を2削減する条例一部改正案が、自民党、民主・都みらい、公明党、京都党と無所属議員の賛成で、可決・成立しました。

 日本共産党市会議員団は、議会と市民とのパイブを細くする定数削減に反対するとともに、定数を3増し、あわせて議員報酬を3割削減する条例改正案を提案して、たたかいました。

 井坂博文議員がおこなった「市会定数3増」の提案説明(全文)は、こちらをご覧ください。http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2014/03/post-151.html

 加藤あい議員がおこなった市会定数問題についての討論(全文)は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2014/03/post-152.html

 また、井坂議員がおこなった「議員報酬3割削減」の提案説明(全文)は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2014/03/post-153.html

 

 


月別アーカイブ

ページの先頭へ