トピックス: 2013年11月アーカイブ

2013年11月アーカイブ

 11月29日の市会本会議で、北山ただお議員が、日本共産党市会議員団を代表して、市バス・地下鉄運賃値上げ条例案についての質疑に立ち、消費税増税についての市長の認識をただすとともに、消費税を転嫁した運賃値上げをやめるよう強く求めました。

 これに対し、市長は「消費税は広く負担を分かちあうもの」「増税分は社会保障と子育て支援の充実にあてられる」などと消費税の増税を容認する答弁を行いました。他の理事者も、「公営企業への適用除外は消費税の趣旨に沿わない」(財政担当局長)、「消費税を転嫁しないと10億円を本市が負担することになり深刻な影響が出る」(公営企業管理者)などと、消費税を転嫁した運賃値上げをあくまですすめる姿勢を示しました。

 北山ただお議員が市長に対して行った質疑の全文と答弁大要は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2013/11/post-127.html


IMG_0287.jpg 日本共産党市会議員団は11月26日夜、社会福祉会館で「市政報告・予算要求懇談会」を開き、各団体・地域から約60人が参加しました。

 山中渡・市議団長が9月市会の結果と11月市会について報告。その後、北山ただお・市議団副団長が、「2014年度京都市予算編成に対する要求書(案)」について、新規項目を中心に重点的に報告しました。

 懇談会では報告の後、三つの分散会に分かれて各団体・地域の要求・運動を交流しました。市議団として、予算要求書(案)について参加者から出された要望や意見について、検討の上、近く京都市に提出予定の予算要求書に盛り込むことにしています。


 11月定例市会が26日に開会され、市長から2013年度11月補正予算案や市バス・地下鉄運賃値上げ条例案など41議案が提案されました

11月市会に提案された議案は、こちらをご覧ください。
http://www.city.kyoto.jp/shikai/teirei/H25/11-P2%20.html

IMG_0277.JPG 11月市会が開会された11月26日の昼休み時間、京都市役所前で、「敬老乗車証を守ろう! 街頭演説会」が開かれました。主催は「敬老乗車証を守ろう!連絡会」で、街頭演説会のあと、京都市に対する要請行動が行われ、4545筆の「敬老乗車証制度の改悪中止・充実を求める署名」が提出されました。

 この街頭演説会に、日本共産党市会議員団からも多数の議員が参加。代表して北山ただお副団長がマイクを握り、京都市が進めようとしている敬老乗車証制度改悪の内容を示し、力をあわせて、「市民の宝物」敬老乗車証を守ろうとよびかけました。また、消費税8%への増税にあわせる形で市バス・地下鉄の運賃値上げ条例案が11月市会に提案されたことを厳しく批判。緊迫した状況にある秘密保護法案についても、国会で廃案においこむため全力をあげようと訴えました。


市議団傍聴ビラ 加藤・西村.jpg 11月定例市会が本日、開会されます。12月2日午後に行われる日本共産党議員団の代表質問には、加藤あい議員、西村よしみ議員の2人が質問に立ち、「安倍内閣の暴走にストップ」「市民の命・くらしを守る市政を」と市長の政治姿勢をただし、切実な市民要求の実現を迫ります。

 この模様は、市会本会議場での傍聴とともに、KBS京都テレビの放映や市議会ホームページからインターネット生中継で視聴できます。ぜひ、ご覧ください。


 11月定例市会が明日26日に開会されます。会期は、12月11日までの16日間で、2013年度11月補正予算案や市バス・地下鉄の運賃値上げ条例案などが提案されます。

 各会派の代表質問は12月2 日に行われ、日本共産党市議団からは、2日午後に2人が質問に立ち、切実な市民要求の実現を迫ります。

DSCN4025.JPG 26日から開会される11月定例市会に、京都市は来年4月からの消費税増税に伴い、市バス・地下鉄の旅客運賃を値上げする議案を提出しようとしています。

 日本共産党京都市会議員団は21日、門川市長に対し、「市民は消費税増税と運賃値上げのダブルパンチの直撃を受けることになる」として、市バス・地下鉄の運賃値上げ議案を提出しないよう強く求める申し入れを行いました。

 この申し入れには、市会議員全員が参加し、京都市の山添行財政局長らが応対しました。
 議員団が行った「申し入れ」の全文は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2013/11/post-46.html


DSCN4015.JPG 秘密保護法案をめぐる国会情勢が緊迫した局面を迎えている中で、日本共産党市会議員団は、11月21日、昼休みに、三条河原町で緊急の街頭宣伝を行いました。参加した市会議員が次々にマイクを握り、「秘密保護法案は徹底審議の上で廃案にするしかない」と訴えました。
IMG_0270.JPG 安倍政権が、消費税大増税と社会保障改悪、秘密保護法制定などの暴走政治を進めている中で、11月21日、「いのちと暮らし、雇用と営業を守る 2013秋の府市民総行動」が同実行委員会の主催で取り組まれました。

 京都市役所前では、朝8時すぎから「早朝宣伝行動」が、9時から「京都市要求総行動」(意思統一・請願行動など)が取り組まれ、日本共産党市会議員団から、井坂博文幹事長、山中渡団長が参加してマイクを握り、総行動参加者を激励しました。

(写真)総行動参加者を激励する山中渡議員団長
IMG_0256.JPG「2013秋の府市民総行動」を激励する井坂博文議員団幹事長(11月21日)

京都市は、19日、11月市会に提案する11月補正予算案を発表しました。

平成25年度11月補正予算案の概要は、こちらをご覧ください。

http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000158865.html

 


団ニュース.jpg 9月市会特集「市政を動かす。(市議団ニュース)」を発行しました。 
 
 9月定例市会での本会議代表質問、決算特別委員会の質疑、閉会本会議での討論、「終えて談話」などを掲載しています。  

 PDF版は、こちらのページをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/siseiugokasu/2013/11/no412.html


 日本共産党京都府委員会と京都府・京都市両議員団は、11月14日、台風18号による浸水被害を検証し、府民の命と暮らしを守るための防災対策のあり方を提案するアピールを発表しました。

 このアピールでは、①生活再建、住民の安全を守る当面の緊急対策、②台風被害の新たな特徴に対応した防災・治水対策の抜本的見直し、の必要性からまとめたもので、研究者や専門家の英知結集と府民的討論をよびかけています。

 「アピール」の全文は、こちらをご覧ください。
http://www.jcp-kyoto.jp/activities/2013/11/post-573.html


新聞折り込みビラ.jpg 日本共産党京都市会議員団は、10月28日に閉会した9月定例市会での党議員団の論戦の中心点を明らかにした「9月市会報告」新聞折り込みビラ(B4・2ページ)を作成しました。このビラは、近く一般新聞などに折り込む予定です。

 「9月市会報告」新聞折り込みビラ(PDF版)は、こちらをご覧ください。

http://cpgkyoto.jp/sendenbutu/2013/11/9-2.html


月別アーカイブ

ページの先頭へ