トピックス: 2013年5月アーカイブ

2013年5月アーカイブ

 5月28日の閉会本会議で、日本共産党市会議員団を代表して行った4人の議員の討論の録画は、市議会のホームページでご覧になれます。
http://113.42.218.61/KyotoCityCong/rokugaM250528.asp


 5月28日に閉会した5月定例市会での議案・審議結果、可決された意見書・決議は、市議会ホームページで紹介されています。

議案の審議結果は、こちらです。
http://www.city.kyoto.jp/shikai/teirei/H25/05-P2.html

可決された意見書・決議(5件)は、こちらです。
http://www.city.kyoto.jp/shikai/teirei/H25/05-P4.html


 5月定例市会は5月28日、閉会本会議を開き、2013年度一般会計補正予算案など市長提案の28議案、議員提案の交通安全基本条例を可決して閉会しました。

 日本共産党市会議員団は、5月市会の閉会にあたり、声明「5月定例市会を終えて」を発表しました。「声明」の全文は、こちらのページからご覧ください。http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2013/05/post-39.html

  閉会本会議で、市会議員団を代表して行った4人の議員の討論の全文は、「市会報告」のページに紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2013/135/cat213/


 本日の京都市議会・閉会本会議で、橋下徹大阪市長の「慰安婦」発言に抗議し、撤回と謝罪を求める決議が全会派一致で可決されました。反対したのは、無所属議員の1人です。

 可決された決議の全文は、次のとおりです。

橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議

 去る5月13日に、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長は、「第二次世界大戦当時は慰安婦制度が必要だった」との発言をした。
 この発言は、米軍幹部に対する発言も含めて、女性をはじめ多くの人々の人格を否定し、人権を侵害するものである。
 よって京都市会は、橋下徹大阪市長に強く抗議し、そのような発言の撤回と謝罪を求める。
 以上、決議する。


風疹申入れ.JPG 2012年夏の風疹患者急増以来、2013年も昨年以上のペースで患者数が増えています。
 日本共産党市会議員団は24日、京都市に対し、公費助成の早期実施を求める申し入れをおこないました。この申し入れには、加藤あい議員、河合ようこ議員、くらた共子議員、玉本なるみ議員、とがし豊議員が参加し、髙木保健福祉局長らが応対しました。
 
「申し入れ」全文はこちらをご覧ください


 西野さち子議員、ひぐち英明議員が、5月17日に行った代表質問の録画が、市議会ホームページからご覧になれます。ぜひ一度、ご覧ください。

西野議員、ひぐち議員の代表質問(録画)は、こちらです。

http://113.42.218.61/KyotoCityCong/rokugaM250517.asp


TOPICS ICON事務所びらき

IMG_4527.jpg事務所びらきで訴える倉林明子・市議団幹事長、参院京都国政委員長(5月18日)

IMG_4535.jpg 日本共産党参院井上さとし(比例)・倉林明子事務所開きが18日午後に党京都府委員会事務所で行われ、約200人が参加。井上さとし参院議員、倉林明子参院国政委員長が「安倍内閣の暴走と正面から対決し、国民の所得を増やして景気回復を」「政治家としての資格も資質もない橋下大阪市長は暴言を撤回しただちに辞職を」などと訴えました。

 この事務所開きに先立って、社会福祉会館で参院選勝利をめざす決起集会が行われ、約250人が参加しました。


 5月17日の市会本会議で、西野さち子議員、ひぐち英明議員が日本共産党議員団を代表して行った代表質問と答弁大要を「市会報告」のページに掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

西野さち子議員の代表質問と答弁大要は、こちらです。
http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2013/05/post-102.html

ひぐち英明議員の代表質問と答弁大要は、こちらです。
ttp://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2013/05/post-106.html


DSCN3817.jpg 本日夕方、京都市会の超党派の女性市会議員有志(11名)が連名で、橋下徹・大阪市長による「慰安婦は必要だった」とする発言に抗議の意見表明をおこないました。
 
 表明文では、一連の発言について「女性だけでなくすべての国民の人格や人権、そして尊厳を深く傷つけるもの」であり、「人権を守るべき公人」から発せられたことに「大きな衝撃」を受けた、と指摘。「市民の人権を擁護する立場の京都市会議員」として、また「平和を望む一人の女性」として、今回の大阪市長の発言に抗議の意を表明しました。

IMG_4503.JPG 自治体要求連絡会は、5月17日、市役所東門で早朝宣伝を行い、京都総評、京都民医連、京障連、市職労の代表が、登庁する市職員らに「アベノミクスの危険な暴走を許さず、景気回復へ、賃上げ・雇用の安定を」「洛西ふれあいの里保養研修センターの廃止を撤回し存続を」などと訴えました。

 日本共産党議員団から、多数の市会議員がこの宣伝に参加。午後からの本会議で代表質問に立つひぐち英明議員がマイクを握り、「水道料金値上げの実施を中止し、いのち・くらし守る京都市政を」などと訴え、切実な市民要求の実現に全力をあげる決意を表明しました。


本日開かれた市会本会議では、議長・副議長など議会三役の選出が行われ、本会議終了後、予算特別委員会の委員長・副委員長などが選出されました。

党議員団は議会三役選出にあたって、民意を最大限に反映したものとするよう各会派と無所属議員に申し入れていましたが、副議長について、自民党、民主・都みらい、公明党、京都党と無所属議員が市会第二党である日本共産党を排除して、第三党の民主・都みらいから選出しました。

党議員団は、議長選挙では「白紙投票」し、副議長選挙には「北山ただお議員」を立ててたたかいました。


DSCN3804.jpg 橋下徹大阪市長が「慰安婦制度は必要」との暴言を行ったことについて、15日、日本共産党の府内50名の女性議員は連名で、これに抗議する「声明」を発表。この記者会見発表には、市議団から、くらた共子議員が参加しました。また、夕方、四条河原町マルイ前で緊急宣伝を行い、市議団からも多数の女性議員が参加しました。

 日本共産党の府内50名の女性議員連名の「抗議声明」は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2013/05/post-37.html

 日本共産党の15人の市会議員は、14日までに、すべての議員がツイッターまたはフェイスブックのアカウントを取得し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の活用を開始しています。

 :ツイッターを活用しているのは14議員、フェイスブックを活用しているのは10議員。ホームページ・ブログの充実と一体にして、市政と市議会をより市民に身近なものにしようと奮闘しています。


無題.jpg 5月定例市会が14日、開会となりました。会期は、28日までの15日間です。

 市長が提案した補正予算案など21議案、議員提案の条例案は、次のとおりです。

http://www.city.kyoto.jp/shikai/teirei/H25/05-P2.html


 議長・副議長・監査委員の市議会三役が、開会中の5月市会で選出される予定となっています。
 日本共産党市会議員団は15日、選挙で示された民意を最大限反映させた議会三役の選出とするよう、自民党、民主・都みらい、公明党、京都党の各会派と無所属議員に対し、「申し入れ」を行いました。
 「申し入れ」では、過去30年間にわたって、議会三役から市会第二党である日本共産党を排除してきたことを指摘しています。

 「申し入れ」の全文は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2013/05/post-36.html

DSCN3794.JPG 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が13日の記者会見で「『慰安婦』制度は必要だ」と暴言をはいたことに抗議し、日本共産党京都府委員会は14日、昼休み時間に烏丸御池で緊急抗議宣伝を行い、市議団からも多数の市会議員が参加しました。

 マイクを握った倉林明子・市議団幹事長(参院国政委員長)は、「『慰安婦』制度は必要だと認める橋下氏の暴言は許せない。公党の党首としての資格がないだけでなく、市長の資格もない。ただちに辞任すべきだ」と厳しく批判しました。

 


2013年5月.jpg 5月17日午後に行われる日本共産党議員団の代表質問には、西野さち子議員、ひぐち英明議員の2人が質問に立ち、市長の政治姿勢をただすとともに、切実な市民要求の実現を迫ります。

 この模様は、市会本会議場での傍聴とともに、KBS京都テレビの放映や市議会ホームページからインターネット生中継で視聴できます。ぜひ、ご覧ください。


2013051001_01_1.jpg 日本共産党の志位和夫委員長は9日に国会内で記者会見し、「TPP交渉への参加は日本をアメリカに丸ごと売り渡すことになる」と題した「見解」を発表し、安倍内閣に対して、TPP交渉参加の撤回を強く求めました。紙智子参議院議員が同席しました。

 日本共産党が発表した「見解」の全文は、こちらをご覧ください。

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/05/-2013-412411-2010.html


RIMG0004.JPG 5月定例市会に、洛西ふれあいの里保養研修センターの廃止が提案されようとしている問題について、日本共産党京都市会議員団は5月9日、同保養研修センターの廃止提案を撤回し、同施設を存続するよう市長に申し入れました。

 この申し入れには、市議団から加藤あい議員、河合ようこ議員、玉本なるみ議員、北山ただお議員が参加し、京都市の高木保健福祉局長らが応対しました。

 日本共産党市議団の「申し入れ」(全文)は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2013/05/post-35.html


 5月定例市会が14日に開会されます。会期は、5月28日までの15日間で、2013年度補正予算案、洛西ふれあいの里保養研修センター廃止条例案など21議案が審議される予定です。 

 各会派の代表質問は5月17日に行われます。日本共産党市会議員団から、午後に2人が質問に立ち、市長の政治姿勢をただすとともに、切実な市民要求の実現を迫ります。


IMG_4476.jpg 憲法記念日の5月3日、「生かそう憲法 守ろう9条 5・3憲法集会in京都」が円山音楽堂で開催され、2400人が参加しました。主催は「憲法9条京都の会」。
 会場を一杯にした集会では、主催者あいさつの後、脚本家のジェームズ三木さんが記念講演。日本国憲法の制定過程にもふれて、「おしつけ憲法」論を批判。「いま、人類は絶滅の危機にある。戦争放棄をうたう日本国憲法を次の世代に残そう」などと訴えました。
 この集会に日本共産党市会議員団からも多数の議員が参加。倉林明子・市議団幹事長が日本共産党を代表して挨拶し、「9条改悪のための96条改悪は許せない」と訴えました。
 集会の後、京都市役所前まで憲法ウォークが行われ、市民・観光客らにアピールしました。
764611161.jpg第84回全京都統一メーデー(5月1日)

IMG_4458.JPG 5月1日、第84回全京都統一メーデーが二条城前広場で開催され、約8000人の労働者・市民が参加。集会の後、3コースに分かれて市内をデモ行進し、「安倍政権のすすめる『アベノミクス』の危険な暴走を許すな」「景気回復へ、賃上げと雇用の確保を」などと訴えました。  

 日本共産党市会議員団は、3コースのデモ行進参加者を激励。写真は、京都市役所前で、井上さとし参議院議員とともに、メーデー参加者を激励する山中市議団長、倉林幹事長、玉本議員、西村議員、岩橋議員、ひぐち議員。


月別アーカイブ

ページの先頭へ