トピックス: 2011年9月アーカイブ

2011年9月アーカイブ

無題.jpg  9月27日に開会された9月定例市会の代表質問は10月4日・5日に行われます。

 10月4日午後に行われる日本共産党議員団の代表質問には、井坂博文議員、岩橋ちよみ議員、北山ただお議員の3人が質問に立ち、「原発から撤退」「くらし守れ」と門川市長の政治姿勢をただし、切実な市民要求の実現を迫ります。


 この模様は、市会本会議場での傍聴とともに、KBS京都テレビの放映や市議会ホームページからインターネット生中継で視聴できます。ぜひ、ご覧ください。

 9月定例市会が27日に開会され、2010年度決算、2011年度一般会計補正予算案など39議案が提案されました。会期は、10月31日までの35日間。各会派の代表質問は、10月4日・5日に行われます。

9月市会に提案された議案は、こちらをご覧くたさい。
http://www.city.kyoto.jp/shikai/teirei/H23/09-P2.html


 

IMG_3697.jpg「市政報告懇談会」で報告する井坂博文副団長(9月26日)
IMG_3696.jpg 27日から始まる9月定例市会を前にして、日本共産党市会議員団は26日夜、市職員会館「かもがわ」で「市政報告懇談会」を開き、団体・地域から約70人が参加しました。

  

 「市政報告懇談会」では、山中渡市議団長が開会あいさつを行い、井坂博文副団長が「門川市政の継続は許されない」と題して、議員団を代表して報告。原発問題での門川市長の認識や言動を厳しく批判するとともに、「門川市政の3年半が何であったか」を全面的に明らかにし、市民アンケートなどに寄せられている市民の切実な悲鳴の声に応え、市政の転換に全力をあげようとよびかけました。

 報告の後の懇談・意見交換では、「国保料が払えず差し押さえの通知が来た。保険証を取り上げられ、病院窓口での10割負担は大変」「震災の後、融資制度が打ち出されたが、中身は何も変わっていない」「被災者支援・受け入れの取り組みをもっと強めてほしい」などの切実な声が出されました。また、「原発ゼロ」をめざすとりくみ、地域コミュニティ活性化条例、京都会館再整備計画、四条通の2車線化、来年3月11日の京都マラソン、小中一貫校などの問題について、率直な意見・要望や質問が出され、市会議員がこれに答えました。

無題.jpg 京都市の原発事故対応の問題点を明らかにした「原発問題」ビラを作成しました。このビラでは、9月5日に日本共産党市会議員団が市長に対して行った「申し入れ」の内容を紹介し、裏面に、防災対策総点検委員会「中間報告」からの抜粋を掲載しています。


 「原発問題」ビラ(PDF版)は、こちらをご覧ください。

http://cpgkyoto.jp/sendenbutu/2011/09/post-2.html

 来年2月の京都市長選挙に向けて、市政の各分野の現状を明らかにした「市政資料 2011-9」を作成し、市議団ホームページに掲載しました。ぜひ、ご活用ください。

 「市政資料 2011-9」は、こちらからご覧ください。

http://cpgkyoto.jp/sendenbutu/2011/09/2011-9.html


 

無題.jpg 2010年度京都市決算などを審議する9月定例市会が27日に開会されます。この議会を前にして、日本共産党市会議員団は、26日午後7時より、市職員会館「かもがわ」で市政報告懇談会を開催します。


 この懇談会では、9月市会にのぞむ市会議員団の立場と論戦の内容を報告し、みなさんのご意見・ご要望をお聞きして、議会での論戦に反映させていきたいと考えています。ぜひ、ご参加ください。

RIMG0007.JPG 京都市が来年3月に計画している京都マラソンの実施にむけ、町内会などに対して、車の利用自粛の賛同署名を集めるよう求めている問題について、日本共産党市会議員団は、9月16日、市長への申し入れを行い、署名を直ちに中止し、関係書類を回収するよう求めました。 


 この申し入れには、山中渡団長、西野さち子議員、宮田えりこ議員、とがし豊議員が参加し、西出文化市民局長が応対しました。

 「申し入れ」の全文は、こちらをご覧ください。

http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2011/09/post-12.html

 

 

  hyoushi.jpg 京都市が7月に発表した「2011年度版京都市政報告書」について、日本共産党市会議員団は12日、その問題点を明らかにした「見解」を発表しました。

 

 「見解」では、①市民サービスや福祉・教育の切り捨てをすすめながら、公的責任を放棄、②ムダづかい温存の一方で、国の構造改革路線を先取りした市政運営を推進、③マニフェストやまちづくりプランで掲げた公約に反しながら無反省、などの問題点を示し、門川市政の継続は認められないとしています。

 日本共産党市会議員団が発表した「見解」の全文は、こちらをご覧ください。

http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2011/09/2011.html

IMG_3686.jpg1600人が参加した「バイバイ原発9・11」を河原町三条で激励(9月11日)
IMG_3639.JPG京都府民大集会の後、市役所前までデモ行進(9月10日)

  IMG_3635.JPG 10日午後に開かれた「9・10原発NO! 京都府民大集会」に、猛暑の中、府内各地から2600人が参加。東電原発事故のあった福島県、「原発銀座」を抱える福井県からの連帯の発言などを受けて「府民へのアピール」を採択。集会後、京都市役所前までデモ行進しました。


 この集会とデモ行進には、日本共産党市会議員団からも多数の議員が参加。いまこそ「原発NO!」の声を上げようと市民らにアピールしました。
RIMG0597.JPG 8月29日に発表された京都市防災対策総点検「中間報告」について、日本共産党市会議員団は9月5日、原発事故を想定した防災計画への見直しを求め、市長への申し入れを行いました。

 この申し入れには、山中渡団長、倉林明子幹事長、くらた共子議員、加藤あい議員が参加。由木副市長が応対し、「科学的知見に基づき対処すべきことと考えている」と述べました。

市議団が行った申し入れの全文は、こちらをご覧ください。
http://cpgkyoto.jp/kenkaiseimei/2011/09/post-11.html

IMG_3614②.jpg「民主市政の会」第2回全体会議で「京都市政報告書」の問題点を報告する井坂博文副団長。(9月2日)


494_2.jpg 「民主市政の会」第2回全体会議が9月2日夜、京都会館会議場で開催され、団体・地域から300人をこえる市民が参加。京都市長選に出馬表明している中村和雄弁護士を市長候補として推薦することを決定しました。

 この会議には、日本共産党市会議員団からも多数の議員が参加。池田豊・「民主市政の会」事務局長の基調報告を受けての討論の中で、井坂博文副団長が「京都市政報告書」の問題点を報告し、市政転換に全力をあげる決意を表明しました。

月別アーカイブ

ページの先頭へ